抜歯しなくてもいい場合があるの?|福岡糸島の矯正治療なら「おぎの歯科医院」

おぎの歯科医院の矯正治療お悩み解決ガイド

TEL

抜歯しなくてもいい場合があるの?

  • 皆さんの気になるお悩み回答します
  • adult 大人でも矯正したら効果があるの?
  • children 子どもの矯正のメリットデメリット注意する点は?
  • Plan&COST 治療の流れや期間はどれくらい?
  • Pint 矯正医院選びのポイントって?
  • Not tooth extraction 抜歯しなくても良い場合があるの?
  • Consultation 今の医院に不満がある、相談や転院は出来る?
  • Man 男性で矯正している人は多いの?

矯正歯科のススメこのサイトをつくった理由

case症例一覧

web予約

マップ

コンセプト

インタビュー

矯正に抜歯は本当に必要なの?

イメージ画像

「矯正治療には抜歯がつきもの」
そんなイメージを持っていませんか? 確かに、患者さんのお口の状態によっては抜歯が必要なこともあります。抜歯をしたほうが歯並びを整えやすい症例も少なくはありません。その反面、歯を抜くことによって非常に大きなデメリットがあるのです。おぎの歯科医院では、将来的なお口の健康まで考え「できるかぎり歯を抜かない矯正治療」を重視しています。

歯を抜くとどんな問題があるの?

イメージ画像

歯は1本1本が独立しているわけではなく、密接に結びついて関係しあっています。歯が1本抜けてしまっただけでもお口全体の歯並びに乱れが出ることがあるほどです。そんな歯を、歯並びを整えるためとはいえ抜いてしまうことで、その歯と咬み合う歯や隣の歯など関係する周りの歯に大きな影響を与えることになってしまいます。

歯は、一度失うと二度と元には戻りません。せっかくの健康な歯を自分から抜いてしまうことは本当に正しいことでしょうか?

抜歯したほうがスムーズに治療できるのでは?

イメージ画像

矯正治療のために抜歯をする場合、歯を抜いた箇所に残った歯を動かす「平行移動」をすることになります。実は、この方法が矯正治療のなかでももっとも時間がかかる方法なのです。歯を動かすためのスペースは得られるのですが、そのために治療期間が余計にかかってしまいます。

歯を抜いても咬み合わせに影響は出ないのでは?

イメージ画像

歯には、1本1本に異なる役割があり、決して不要な歯はありません。矯正のために抜歯されることが多いのは前から4番目・5番目の歯ですが、これらの歯は咬み合わせのバランスをとるために重要な役割を持っているとされています。そのため、矯正のためにこれらの歯を抜くと、正常な咬み合わせを得ることが難しくなってしまうのです。

まずはおぎの歯科医院へ

イメージ画像

もしも他院で抜歯を勧められたとしても、実際は抜歯の必要がないことも考えられます。不安がある場合は、まず当院までご相談ください。当院では、第三者が治療に関する相談を受ける「セカンドオピニオン」にも対応しています。

住所
〒819-1601
福岡県糸島市二丈深江868-5
電話番号
092-325-0079
診察時間
平日 9:00~18:30
土曜 9:00~17:00
休診日
木曜・日耀・祝日
  • HOME
  • TEL
  • TOP
Copyright © 2014 荻野歯科医院 All Rights Reserved.