子どもの矯正のメリット・デメリット、注意する点はどこ?|福岡糸島の矯正治療なら「おぎの歯科医院」

おぎの歯科医院の矯正治療お悩み解決ガイド

TEL

子どもの矯正のメリット・デメリット、注意する点はどこ?

  • 皆さんの気になるお悩み回答します
  • adult 大人でも矯正したら効果があるの?
  • children 子どもの矯正のメリットデメリット注意する点は?
  • Plan&COST 治療の流れや期間はどれくらい?
  • Pint 矯正医院選びのポイントって?
  • Not tooth extraction 抜歯しなくても良い場合があるの?
  • Consultation 今の医院に不満がある、相談や転院は出来る?
  • Man 男性で矯正している人は多いの?

矯正歯科のススメこのサイトをつくった理由

case症例一覧

web予約

マップ

コンセプト

インタビュー

知っておきたい子どもの矯正の「ホント」

イメージ画像

子どもの歯並びに不安を持っている方はいらっしゃいませんか? 小さなころから出っ歯や受け口など歯並びの乱れがある場合、矯正治療を行わないかぎり大人になっても見た目は改善しないことがほとんどです。そのため、親御さんは子どもの歯並びの乱れに気づいた段階で矯正治療に通わせることが望ましいでしょう。

ただし、子どもの矯正治療もメリットだけではありません。前もってメリットやデメリット、注意点などを知っておくことが大切です。福岡糸島の「おぎの歯科医院」では、子どもの矯正治療も行っています。子どもの歯並びに不安がある方は、当院までお気軽にご相談ください。

子どもの矯正のメリットはなに?

子どものうちに矯正治療を受けておくことで得られるメリットにはさまざまなものがありますが、主に以下のようなものが挙げられます。

身体の成長を即すことができる 顎の成長バランスが整う 虫歯にかかりにくくなる コンプレックスを解消できる
子どもの顎、顔の適切な成長発育を即す効果もあります。 顎の成長が正常に進んでいない場合、矯正によって成長バランスを整えることができます。場合によっては、お顔の形にまで大きな影響を与えます。 歯並びが整うことでブラッシングがしやすくなるため、虫歯にかかりにくくなり、結果として歯の寿命を延ばすことにつながります。 幼児のうちは気にならなくても、成長してくると歯並びの乱れがコンプレックスになってしまうことも多々あります。矯正治療を受けることで、コンプレックスの解消にもつながります。

子どもの矯正のデメリットはなに?

大人になっても再び矯正治療が必要になることがある 治療中は、装置で見た目が悪くなることがある 子どもの協力を得にくい 虫歯になりやすくなる
患者さんの症状にもよりますが、子どものころに治療を受けても大人になってから再度矯正治療を受けなければならないこともあります。 矯正装置を常に装着し続けなければならないため、矯正治療を受けている間は一時的にお口の見た目が悪くなってしまうというデメリットがあります。大人も同じことですが、子どもの場合は周りにからかわれてしまうこともあるかもしれません。 子どもは自分の意思ではなく親御さんに言われて矯正することが多く、あまり積極的に医師に従って処置を受けられないことがあります。 矯正装置と歯の間に食べカスが詰まりやすくなるため、しっかりケアしないと虫歯になりやすくなります。

矯正するにあたって注意する点はどこ?

ブラッシングを丁寧にさせること 食べ物に注意すること
矯正装置を付けている間は食べカスが装置に溜まりやすく、虫歯のリスクが大きくなります。毎食後にしっかりブラッシングをさせることが大切です。 矯正中に食べてはいけないものはありませんが、ガムやキャラメルのような歯にくっつくものや、せんべいのような固いもので矯正装置が破損することがありますので注意が必要です。
住所
〒819-1601
福岡県糸島市二丈深江868-5
電話番号
092-325-0079
診察時間
平日 9:00~18:30
土曜 9:00~17:00
休診日
木曜・日耀・祝日
  • HOME
  • TEL
  • TOP
Copyright © 2014 荻野歯科医院 All Rights Reserved.